大きいサイズメンズTシャツについて

Tシャツはこんなに種類があるって知ってた?

Tシャツは、夏には1枚のみで着られますし、春や秋でもアウターにジャケットを羽織って着られる、万能なファッションアイテムですよね!
そんなTシャツですが、最も一般的な、誰もがすぐに想像がつくTシャツだけでなく、さまざまな種類があるということはご存じですか?
袖の長さや襟ぐりの形が1つ1つよく見ると違っていて、着ている人の印象が変わるのです!
また、素材やサイズ感などでも着心地や印象が変わりますよね。
ここでは、そんなTシャツの種類を紹介しています!
 
袖の長さが違うTシャツ
<最もポピュラー!半袖Tシャツ>
半袖Tシャツは、最も一般的な、袖が上腕の半分くらいの長さのあるTシャツで、夏に最も活躍しますよね。
夏には、半袖Tシャツを1枚着るだけで簡単にコーディネートができてしまいますので、
男性でも女性でも、半袖Tシャツを1枚も持っていないという人はほとんどいないのではないでしょうか。
 
<初夏や秋口、インナーにもよく着られる!5分袖・7分袖シャツ>
5分袖Tシャツは、袖の長さが肘のあたりまであるTシャツで、7分袖Tシャツは袖の長さが肘から手首の間くらいまであるTシャツです。
5分袖Tシャツや7分袖Tシャツは、真夏よりも少し涼しい、春や初夏、秋口にトップスとして1枚のみで着られることが多いですね。
また、冬の寒い時期にインナーとして着られることも多いですよ。
5分袖Tシャツや7分袖Tシャツは、手首が見えているため、オシャレに見せたり、上半身をスッキリ見させる効果がありますよ!
 
<春や秋に最もよく着られる!長袖Tシャツ>
長袖Tシャツは、袖の長さが手首のあたり、もしくは手首が隠れるくらいまであるTシャツです。
「ロンT」とも呼ばれますね。
長袖Tシャツは、腕全体をTシャツが覆ってくれて暖かいため、春や秋に1枚のみで着られたり、冬にインナーとして着られることも多いですよね。
 
襟ぐりの形が違うTシャツ
<最も多いラウンドネック(丸首)Tシャツ>
ラウンドネックTシャツは、襟ぐりの形が丸くなっているTシャツです。
そのため、「丸首」と呼ばれることも多いですよ。
ラウンドネックTシャツの中にも、襟ぐりの深さが深めのタイプや、浅めのタイプがあります。
その中でも、襟ぐりの深さが特に浅いものを、「クルーネック」と呼びます。
ラウンドネックは、Tシャツの中で最も多く採用されていますよ。
 
<首を長く見せてくれるUネックTシャツ>
UネックTシャツは、襟ぐりの形がU型になっているTシャツです。
襟ぐりの深さが深いラウンドネックとUネックは、見た目が非常に似ているため、
ブランドによってはUネックのTシャツも「ラウンドネック」と表示されている場合があります。
Uネックは、一般的なラウンドネックやクルーネックよりも襟ぐりの深さが深いため、首を長く見せる効果や、顔を小さく見せる効果がありますよ!
 
<オシャレでセクシーに見せてくれるVネックTシャツ>
VネックTシャツは、襟ぐりの形がV型になっているTシャツです。
Vネックも、ラウンドネックより襟ぐりの深さが深いため、首を長く見せたり、顔を小さく見せたりしてくれます。
VネックTシャツは、男性が着るとセクシーでオシャレな印象を与えてくれますよ!
 
<襟にボタンが付いているヘンリーネックTシャツ>
ヘンリーネックTシャツは、襟前面から胸元にかけてボタンが付いているTシャツです。
襟ぐりの形は、ラウンドネックやVネックの形が多く、そこの中心部分に切れ込みが入り、ボタンが施されます。
ボタンを締めても開けても、どちらでもオシャレが楽しめます!
 
<襟ぐりの幅が横に広いボートネックTシャツ>
ボートネックTシャツは、襟ぐりの幅が横に広く開いているTシャツです。
襟ぐりの形がボートに似ているため、この名前が付いたそうですよ。
襟ぐりの深さは、深いタイプから浅いタイプまで種類があります。
鎖骨が見えるくらいの深さのボートネックTシャツは、セクシーに見せてくれますよ!
 
<襟が首を覆うタートルネックTシャツ>
タートルネックTシャツとは、襟が首に密着し、覆っているTシャツです。
タートルネックが採用されるのは長袖Tシャツが多いですが、中には半袖Tシャツや5分袖Tシャツのものもあります。
首を覆っているため、冬でも暖かく過ごすことができますよ!
 

おすすめの店舗

 

 GORDY

メンズビッグサイズファッション専門店。
                  Tシャツやデニム、スーツ、インナー、アクセサリー、小物など幅広く揃えています。